活動♪

避難訓練

             


2月13日におきた地震をうけ、幼稚園では急遽避難訓練を実施しました。
普段の避難訓練は子ども達に「今日は地震がおきた時の練習をするよ」とお話して行っていますが、今回は実際におきたことを想定し何も伝えないで行いました。
突然鳴り響く訓練放送に驚いてしまうお友達もいましたが、先生の話を聞いて慌てずに行動できていたと思います。ホールで発表会の練習を行っていた年長組のお友達は避難用の滑り台を1人ずつ順番に滑ってくる姿もあり、より実践に近い形でいい経験になったと思います。
本当に地震が起きた時、訓練の通り動くことはまずできないでしょう。泣いてしまう子もいたり、怪我をする子もいたり、様々な可能性が考えられます。それでも訓練を通して「こういうことが考えられるよね、これ気づかなかったね」と私たち職員も多くの発見がありその発見がいざというとき役立つはずです。
おきてほしくない大地震ですが、いつか必ずおこります。その時に落ち着いて行動できるように気を引き締めていけたらと思います!

鬼は~そと!福は~うち!

             
   


今日は節分の日👹例年では3日が節分となりますが、暦のズレを修正する関係で2日に行われるのは124年ぶりらしいです😲
早朝は雨でしたが天気も持ち直し、外で豆まきを行うことができました!できる限り密にならないよう整列し、子ども達の周りを鬼が練り歩いていきます。
鬼が近くに歩いてくると「鬼は~そと!」と元気よく豆をぶつけてきて、その勢いに鬼もタジタジ…(笑)ひよこ組のお友達の中には「豆の呼吸!」と言いながら投げてくる姿もあって可愛らしくて笑ってしまいました。
節分は無病息災を願って行われる行事です。まだまだコロナに油断できない日々が続いていますが、子ども達が何も気にせず元気よく遊びまわれる日が早く来てもらいたいものですね!また、幼稚園で「恵方巻」についてもお話をしましたので、お家に帰ったら今年の恵方の「南南東」の方向についても教えてあげてくださいね!

かるたとり✋

             


今日年長組のお友達はかるたとり会を行いました(^^)/例年であれば学年全体で大会として行いますが、今年は蜜を避けて各クラスでのかるたとり🎵
先生が読み上げるとすぐに反応する子ども達!上から覗いている私よりも早く見つけて取り合っていました(笑)子ども達の記憶力と集中力はすごいですね!時には接戦になりどちらがとったのか分からないときは周りで一緒にやっているお友達がジャッジをしたり、本人たちで話し合ったりと、キチンと自分たちで解決できている姿はさすが年長さんだなと思いました。
上位に入ったお友達の中には20枚以上とっている子もいて、どうしてそんなに取れるのかを聞いてみると「いっぱい練習した!」と口をそろえて言っていました。得意不得意はあるだろうけど、練習を繰り返すことで子ども達は大きく成長しますね!

ファイト!

             

幼稚園では朝礼後の活動として、マラソン・なわとび・行進の練習を行っています。今日は4・5月の休園によってカリキュラムを後ろ倒しにしていた影響で行っていなかったマラソンを今年度初めて行いました♪
年少・ひよこ組のお友達は園庭を、年中・年長組のお友達は幼稚園を出て外周を車に気を付けながら、先生の後を元気よく走っていきます。ちょっと肌寒い中でしたが、走り終わったあとはみんな「暑い暑い」と言いながら手洗いうがいをしてお部屋に入っていきました。

体調を崩さない為には、健康な身体作りも大切です。コロナにもインフルエンザにも負けないよう、元気いっぱい活動していきましょうね!そして、いっぱい体力を付けていきましょう!!

初めての英語あそび

             
 


寒暖差の激しい日が続いており、今日は寒い1日になりましたね!
そんな中、ひよこ組さんは初めての英語あそび(*^^*) アルファベットの大文字・小文字の違いを大文字は体をいっぱいに広げて「ビックA!」小文字は小さく小さくしながら「スモールa!」と先生と同じ動きをしながら楽しんでいました(^^)/中には、キョトンとしてしまうお友達もいましたが、みんな笑顔で取り組んでいました♪
合奏お遊戯発表会の練習も本格的になってきて、楽器の音やホールで音楽に合わせて踊ったりセリフを言う声も聞こえてくるようになりました。「私お姫様役~」とか「シンバルやったよー!」と嬉しそうに教えてくれます✌先生達が作る衣装もだんだんと形になってきていますよ♪

あけましておめでとうございます!

             


新年を迎え、今日から幼稚園もスタートです!
緊急事態宣言も発令されましたが、幼稚園では感染対策を徹底し子ども達をお出迎え🎵「あけましておめでとうございます!」と大きな声で挨拶してくれるお友達が多く、こんな状況だからこそ子ども達の元気な姿が見れて安心しました。
3学期には合奏お遊戯発表会も控えており、今日から楽器練習や舞台練習が行われ、子ども達からは「あの楽器やりたいな!」「この役がいいなぁ」と楽しみにしている様子も(#^.^#)これから練習がたくさんあるけど、どんな発表会になるのかな?一緒に頑張っていこうね!

年少組のお友達は冬休みの絵も描いていきました🌟あまりお出かけのできない冬休みだったけど、皆どんなことやったのかな?と見ていると、年越しそばやおもちを食べているところだったり、公園に行ったりしたことを描いてるお友達が多くいました。年末年始はのんびりと過ごしていたようです。

3学期はあっという間に過ぎていきます。コロナも終息が見えず幼稚園もどうなっていくのか分かりませんが、ひとつひとつの行事を大事にしていきたいと思います。子ども達が楽しみながら学んでいけるよう努めてまいりますので、本年もよろしくお願い致します。

年内最後の幼稚園

             
 

今日はクリスマス🕯登園してくるお友達は「サンタさんきたよー」と笑顔で教えてくれました(#^.^#)
サンタさんは先日幼稚園のクリスマス会にも遊びに来てくれましたが、おうちの方にも無事にまわってくれたようです🎵中には「サンタさんはコロナ大丈夫なのかな?」と心配しているお友達も…(笑)
全体での年内の幼稚園の活動は今日で最終日。ウキウキした気持ちの中ですが、正装を見に纏い、「式典」という事を意識してホールに皆で集まって終業式を行いました。しかし、クリスマスだからということもありますが、子ども達も少し落ち着きがなく園長先生から「今はコロナで大変な時。6月の自粛明けから比べると、大人も子どもも少し油断してきています。コロナがまたひどくなっている中だからこそもう一度気を引き締めていきましょう」ということを話してくれました。感染対策は日々徹底していますが、気持ちのどこかに「自分は大丈夫」という気持ちが芽生え始めているのかもしれません。こんなときだからこそ、もう一度流行り始めの時の気持ちに戻って考える良い機会かもしれません。

さて、今年は本当にコロナに振り回される1年でした。自粛や幼稚園でも長期の休園や行事の縮小、中止ばかりで未だ経験した事のない1年となりました。子ども達にはつまらない思いをたくさんさせてしまったかもしれません。また、保護者の方にも例年以上にご協力いただくことばかりでした。私たち職員も「今できることは何か」を考えその中で最善を尽くしてきたつもりです。もう間もなく2021年を迎えますが来年はもとっと明るく楽しい1年にしていきたいと思いますし、子ども達にもたくさんの新しい経験をしてもらいたいです!まだコロナもどうなるかわかりませんが、みんなで一緒に良い1年にしていきましょう!

今年1年ありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。

クリスマス会

             
 

先週から寒さが舞い込んできて日中でも冬らしい気候になってきました。
そんな中、幼稚園ではクリスマス会が行われました🎵お友達の中には「今日サンタさん来るの?」とワクワクしているお友達もいましたが、果たしてサンタさんはやってきてくれたのでしょうか?
クリスマス色に装飾されたホールに集まり、先生のお話を聞きながら待っていると鈴の音がだんだん近づいてきて…サンタさんが登場!小さなお友達は目を輝かせてサンタさんにいっぱい手を振っていました(#^.^#)
今日のクリスマス会の為に、子ども達は前からサンタさんへの質問を考えていて「どこに住んでいるの?」「なんでお洋服は赤いの?」といった疑問をサンタさんにいっぱい質問していましたおり、サンタさんも丁寧に答えてくれました!
そのあとは先生達のお芝居を見ていきましたが、学年によって内容が違いどちらのお芝居もいろいろなキャラクターが出て来て面白かったです(笑)

お部屋に戻ってからはお給食をいただき、洋菓子の店「ミハシ」様に用意して頂いたショートケーキを皆で美味しくいただきました。毎年美味しいケーキをありがとうございます!
25日まであと少し!みんなのお家にもサンタさんがプレゼントを持って来てくれるかな!?楽しみだね!

よいしょよいしょ♪おもちつき

             
   

今日から寒波の影響で冬本番といった気候ですが、青空の中お餅つきを行いました!
例年であれば各クラス分もち米を用意し、臼と杵を使って子ども達にもお餅をついてもらい、皆で美味しく頂くのですが、今年度はコロナの影響もあるためお供え用のお餅のみをつくことになりました。

もち米を炊くのは毎年釜戸を使っていきます。木の焼けるにおいや蒸気があがる釜戸を見て子ども達は「あれでお餅作るの!?」「いい匂いしてきた!」と興味津々です(#^.^#)準備が終わると子ども達を釜戸の前に集め、炊く前のお米の様子やお餅つきを行う意味などを園長先生がお話ししてから炊いていきました。もち米が炊き上がるといい匂いが立ちこめ、子ども達から「お腹すいたなぁ」という声が…(笑)最初は少しこねてある程度粒がなくなってきたら、いよいよついていきます!まずは園長先生が力強く杵を振り下ろしていきます。子ども達からも自然と「よいしょー!よいしょー!」の掛け声が聞こえ、中にはつく真似をしながら掛け声をしているお友達もいました♪その後は副園長先生と交互についていき、大きなお餅の完成!伸びるお餅をみて子ども達は笑いながら楽しんでいました。
ついたお餅を今年は食べれない分、お給食でお餅を食べやすいサイズに用意していただき、お雑煮にしてみんなでいただきました。

お餅つきはご家庭でも行う機会は減ってきていると思います。もしかしたら幼稚園で行うのが最後になってしまうお友達もいるかもしれません。子ども達がつくのを楽しそうに見ているのを見ると、実際に経験させてあげられないことは心苦しく思う部分もあります。今しか経験できないことはこれだけではありません。そのどれもが子ども達の成長にはどれも欠かせない経験です。これからもいろいろ制約が出てきてしまうかもしれませんが、全力で楽しめるよう私たちも考えていきたいと思います!

2学期もあと少し!寒波に負けず元気に楽しんでいこうね!

体操・鼓笛発表会

             
       

コロナの影響で行事の中止や縮小により行うことができなかった、年長組のお友達の「鼓笛」と「創作体操」を本日保護者の前で発表しました。
このふたつの演目は年長組のお友達にとっての集大成といってもいいでしょう。朝は肌寒くお天気も心配でしたが、始まる頃にはお天道様も顔を出しポカポカ陽気の中、子ども達は一生懸命この1か月ほど練習してきた成果を披露していきました。
例年であれば、5月と10月に分けて行うはずだったこの演目を同時に行うということは、年長組のお友達にとっても大変なことだったと思います。練習でも集中力が切れてしまう場面もあり、先生たちに励まされながら頑張っていました。園長先生も子ども達に「うまくやれなくても大丈夫。皆で協力してひとつのことを達成することに意味があるんだよ」とお話をしていましたが、今日は今まで見てきた中で1番の出来でした!
一緒に練習を見守ってきた先生達も目に涙が…本当に素敵な発表会でした。ありがとう(*^^*)

TOP