no

園の紹介

沿革

昭和51年地元のご要望にお応えし、
故 籾山サクが創立
4クラス160名の園児で開園
平成4年 二代目園長 故 籾山鐵夫を経て、
現園長 籾山和則 就任
平成5年防音改築工事が終了、各保育室に空調設備が完備
平成12年屋上にプールを備えた新園舎が完成
平成23年学校法人化。理事長に籾山和則就任。
学校法人健やか学園モミヤマ幼稚園となる。
平成26年 預かり保育室完成
平成28年「待機児童解消に向け幼稚園で2歳児の受け入れを」という内閣府・文科省の提言にさきがけ、満3歳児クラスを設立
平成30年旧園舎防音改築工事終了・新保育室完成
令和元年新園舎防音改築工事終了
令和3年4月学校法人健やか学園モミヤマ幼稚園施設内に
小規模保育所「モミヤマ保育所」を開設

 

施設紹介

運動場

運動場の敷地面積約1500㎡、園舎床面積約1700㎡の広さの施設でおもいっきり遊ぶことができます。

保育室

鉄筋コンクリート二階建の全14部屋で明るく広く子どもたちの生活し易い 設計です。防音と空調設備が完備しています。

プール

屋上のプールで周囲を気にせずプール遊びを行い、水に慣れ親しんでいきます。担任の他、補助の先生が常に3~4名で見守り、防犯カメラにて録画もしていますので、安心してプール活動を行えます。

遊技場

ホール兼用の遊技場で雨天の場合ものびのびとした身体活動をしています。

幼稚園教育について

教育方針

1.
健康で明るく
のびのびと生活する。
2.
一人一人の個性を尊重し
その能力を伸ばしていく。
3.
表現
(音楽リズム・絵画制作)
を通して豊かな情操
の形成をはかる。
4.
遊びの中に知的教育を
積極的にとり入れる。
5.
基本的な生活習慣を
身につける。
6.
団体行動・園行事を
通して基本的な
社会生活になれさせる。

教育内容の特色

健康教育

本園では体育活動をとおして、たくましい体と心を育てることを目標にしています。体育専門の先生を講師として担任とともに毎週体育指導を行い幼児に自信と喜びを与え人間形成の上に役立てています。広い運動場と屋内ホールにて雨天に関係なく年間を通して健康教育を行っています。

音楽教育

音楽は正しい音感リズムを教えることによって幼児が楽器に親しみながら音楽を理解してゆきます。お子様の情操教育の一環として音楽教育を行っています。

TOP